葉酸サプリメントのまとめ@ランキング

健康志向の方や妊活中の女性にもおすすめ“葉酸サプリメント”がカラダにイイわけ。妊娠と葉酸サプリメントの関係を徹底調査。

*

過剰摂取は逆効果!サプリの副作用について

      2016/08/04

いくらカラダに良いとはいえ、正しい摂取量は必ず守ること。
過剰摂取は返って逆効果になることも。

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、DNAの合成や細胞分裂の促進、造血作用があるため、特に妊婦は積極的に摂ることを推奨している栄養素です。

水溶性であるため、通常の食生活では過剰摂取になることはほとんどなく、不要な分は尿などで排出されますが、サプリメントなどで摂取すると過剰摂取になる恐れがあり、体に影響を受けることもあります。

葉酸を一日当たり1000ugから10000μg以上摂取すると、発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害などのアレルギー症状が出る過敏症を起こす可能性があります。

また、不眠症や食欲不振、むくみなども起こることがあります。また、葉酸を過剰に摂取すると、胎児のぜんそくリスクを高める可能性があるとも言われています。

葉酸を摂取する場合は、食事で摂るようにすることが大切ですが、足りない分はサプリメントで補う場合は摂り過ぎないように、商品ごとに書かれた飲み方や用量をしっかりと守って飲むことが大切です。

気になる副作用

妊娠中の女性で、健康に気を遣っている人は多いでしょう。

そして自分と胎児、どちらの健康もしっかりと維持したいと考えているでしょう。

そんな人にお勧めの成分に葉酸があります。
葉酸とはビタミンB群の仲間で、身体の細胞が作られる際に必要な栄養素であり、貧血防止や胎児の成長を助ける働きがあります。

この成分はほうれん草やレタス、キャベツなどの濃緑色野菜や葉物野菜に多く含まれているので、普段から食事にこれらを取り入れることで効率的に摂取することが可能です。

妊娠中の女性にとっては非常に効果的な成分ですが、過剰に摂取すると不眠症や食欲不振や吐き気などの副作用が出るとも言われています。
普通に摂取していて過剰摂取になることはほとんどありませんが、サプリメントなど吸収をよくしたものから大量に摂取していると、過剰摂取になる可能性があります。

効果を焦って大量に摂取のを避け正しく摂取することで、母子ともに健康な身体を作ることが出来ます。

 - 葉酸サプリの基礎知識