葉酸サプリメントのまとめ@ランキング

健康志向の方や妊活中の女性にもおすすめ“葉酸サプリメント”がカラダにイイわけ。妊娠と葉酸サプリメントの関係を徹底調査。

*

葉酸と一緒に摂取すると良い栄養素

      2016/08/04

葉酸は食事で摂取するのも理想ですが、食事だけでは補えないのでそんな時はサプリメントを利用すると賢いです。

葉酸は造血のために不可欠となるビタミンですが、単体で摂取しただけでは十分ではありません。

造血のためには動物性や植物性の鉄分も同時摂取することが極めて重要です。葉酸は赤血球を作るために不可欠となりますが、鉄分は赤血球の大部分を構成するヘモグロビンの原料となる栄養素です。どちらも不足してしまえば、貧血や発育不全などの悪影響を受ける可能性が高まります。

葉酸とヘム鉄については、肉のレバーやウナギの肝にはバランスよく含まれています。パセリやセロリなどの野菜の場合では植物性の非ヘム鉄が多くなり、葉酸と同時摂取することが可能です。
吸収率の高さでは動物性のヘム鉄のほうが勝っていますが、肉ばかりを食べていては吸収する栄養素に大きな偏りが生じてしまいます。効果的に鉄分と葉酸を摂取するためには、昔から有名なレバニラ炒めは特におすすめです。

レバーとニラを一緒に食べることによって、動物性と植物性の鉄分をバランスよく摂取できて、葉酸までも補うことができるのですから造血のために大いに役立ちます。

葉酸は人間の成長に深く関わる栄養素ですから、ビタミンB群と同時接種することも極めて重要です。
納豆と肉類を一緒に食べることは理にかなっています。

納豆には植物性のタンパク質やカルシウムが多いだけでなく、造血のために必要な鉄分も豊富に含まれています。

ビタミンKやビタミンB群も極めて多いですから、納豆とレバーを一緒に食べても造血の効果を高めることができます。納豆の原料の大豆には、成長を促進するために不可欠なイソフラボンも含まれています。

葉酸と同時摂取するべき栄養素は、食事が不規則なようではバランスよく取り入れることができません。
栄養の偏りをなくすためには、品目数が豊富な食事をすることが重要となります。おかずが1種類だけの単調な食事をするよりも、豊富な種類の食材を使った料理を多彩に並べたほうが健康的です。肉を食べるときには、同じくらいの量の野菜を食べるように心がけることも大切です。

冷え性にも葉酸が効く!

葉酸と言うと、女性の妊娠時にプラスになる成分という認識は広く知られています。
確かに健康な胎児の成長に必要な栄養素で、女性にはありがたい成分でもあります。

しかし、葉酸の効果はそれだけではありません。老若男女、誰でも健康の基本である体の冷えにも効果があるのです。

冷え性の辛さは、その人ではないとわからないほどです。
体が冷えてしまうと、体が動かしにくくなり、怪我や体を痛める原因にもなります。

また、表面だけでなく内臓まで冷えてしまうと、体の機能が落ちてしまい不調の原因になりますし、免疫力の低下で病気にもなりやすくなります。
その冷え性に効果的なのが葉酸なのです。

葉酸はビタミンBの一種です。正常な血液を作るのに欠かせない成分でもあります。
そのため、葉酸を十分に摂取していると、健康な血液が絶え間なく作られる状態になります。

すると、血液の循環も活発になり、どんどんと流れがよくなり、血行が良い状態になります。
冷え性は血液の滞りが原因ですので、それがスムーズに流れるようになると、新陳代謝もアップし、体が冷えることがなくなります。
葉酸は体全体の冷えを改善するので、靴下を履いたり、暖房にあたるなどの、一部分だけや一瞬だけ、体の表面だけを温めることとは、根本的に違うのです。

体の中から、自分の体の力で温めるので、芯から冷え性を改善することができます。
そうすると健康にもプラスになりますし、体質的な問題も解消することができます。
このように葉酸には辛い冷えの悩みにも、血液の作りだし、循環させることで効果を発揮します。

女性は特に冷えやすいですので、葉酸をコンスタントに摂ることで、冷えから体を守り、さらに冷えを予防することも出来ます。万病の元とも言われる冷え性を、安全な方法で改善するなら、意識的に摂取していきたい栄養素です。なかなか食事で摂れない場合は、サプリメントなどを活用すると便利で、続けやすく管理しやすいです。

 - 葉酸の効果